表面張力テストインク

​材料表面の濡れ性を簡易的に評価するための試薬です。

ラインナップ

ボトルキャップに刷毛のついたマニキュアタイプで、
内容は環境にやさしいエタノールです。
28-72dyne、2段階毎の表示
15ml、6本入り

2020-04-13%20%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E2%91%A9_edited.jpg
2020-04-13%2520%25E3%2583%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2582

違いが分かりやすい

材料表面にテストインクを塗り、2~3秒後にはじいて水滴状になる場合は、テストインクの数値より低い表面エネルギーということになります。プラズマ処理をするとテストインクは濡れ広がり、表面エネルギーが高くなるということがわかります。一般的に表面エネルギーが高いほうが接着性が上がるといわれています。

当社のテストインクは蛍光発色するため、暗い色の材料表面でも濡れ性の変化がハッキリと見えます。